クレジットカード払いでその場で現金を作り切り抜ける!

以前、知人が飲み会の時にやっていて「そんなやり方もあるのか」と感心した方法で、実際に助かったことがあるので紹介します。
自分の困った場とは、お給料前で手持ちの現金もなく、明日の交通費さえ危ういのに、今、行かねばならぬと思う飲み会がある・・・!という時でした。
出会いの場は一期一会なので、どうしてもこの期を逃せば後悔するという懇親会があったのです。
そんな時、この方法を思い出して現金を作りました。
まず、飲み会の幹事に「飲み会に行きたいけど手持ちがなくて・・・自分がカードで精算するので食事代を徴収させてもらえない?」と希望しました。
幹事が顔見知りだったので、それが功を奏しました。
了承を得たので、飲み会の締めになると食事代をおよそ3,000×人数分(自分を含めない数)で預かり、自分がクレジットーカードで支払う、という方法に出ました。
ここで、参加人数が10人ほどいれば自分はその場で3万の現金を手元に作ることができたということです。
長い目で見れば「結局、その食事代も自分で利子込で払わななきゃいけなくなるんじゃ・・・」と思われますが、その場に参加できたことによって繋がれたご縁というのはお金で買えないものなので、利子はこの際、気になりません。
食事代も、一回の支払いで見ると痛いですが、クレジットカードの設定をリポ払いにしておけば問題ありません。
利子云々よりも、お給料前までを作った現金で繋げられるというのが非常に助かりました。
あまり何回も使うのはオススメできませんが、本当にお給料前までキツいというときは使えます。
友人らと食べに行くお店をクレジットカード支払いのお店で選び、会計は自分が引き受けて現金を貰うというのは、そう実行が難しいことでもないので、カードを持っていたら覚えておいて損はない手です。

また、買い物をするときにもローンは使います。ショッピングローンっていうやつですね。手持ちがなくてもカードがあれば購入することができますし。。。お金がない時に無理して買わなくてもってなるのですが、もちろんそうなのですが、仕事のものなんかは明日必要とかっていうのもあるのでそういった時はカードで買い物をしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>